スタッフブログ

スタフブログ

安全確認が重要ポイント!

「1級・2級実技試験の場合」

航行中は、常に適切な見張りを行い、周囲の状況や自船の状態の把握に努めましょう。

また、発進や停止、増減速、変針等、今までの状態おは異なる動作をとる前には、あらためて十分な安全確認を行う必要があります。

とりわけ、最初の発進、後進及び離岸を開始する前には、船尾(プロペラ)付近に人や障害物がないか、船尾(プロペラ)付近が見える位置まで緯度して安全を確認して下さい。

 

「特殊実技試験の場合」

走行中は、常に適切な見張りを行うようにしましょう。発進や停止など今までと異なる動作をとる前には、十分な首位の安全確認を行ってください。ただし

コース走行の8の字旋回とスラロームを行っている間を除きます。

 

 

 

Copyright(C) Sea+fellows Boat License School All rights reserved.