スタッフブログ

スタフブログ

身体検査について

小型船舶操縦士試験の身体検査は視力、色覚、聴力及び疾病並びに身体機能の障害の有無について検査を行います。眼鏡等が必要な方は必ず持参して下さい。

合格基準(1級・2級・特殊 共通)

視力:両眼とも0.5以上であること(矯正も可)

色覚:夜間において船舶の灯火の色を識別できること。

聴力:5メートルの距離で話声語が聞こえること。(補聴器の使用可)

疾病並びに身体機能の障害の有無:疾病並びに身体機能の障害があっても、軽症で業務に支障をきたさないと認められること。

※上記基準をみたすことに不安のある場合は、事前にご相談下さい。日本海洋レジャー安全・振興協会の身体適正相談コーナーで所定の検査を行い、検査基準を満たせば、身体検査合格となります。ただし操縦免許に条件が付く場合があります。

 

 

 

Copyright(C) Sea+fellows Boat License School All rights reserved.