スタッフブログ

スタフブログ

検査も免許も要らないボートとは・・・

次の要件の「全て」を満たすボートは小型船舶操縦士免許が不要です。また、船舶検査を受けなくても操船する ことができるようになりました。(平成15年6月から)。

 

  1. 長さが3メートル未満であるもの(登録長)
    ※注:「登録長」は、概ね「船の全長×0.9」となります。(なお、船型によって「登録長 」の定義が異なりますので、詳細は運輸局等にご確認ください。)
  2. 推進機関の出力が1.5kw(約2馬力)未満であるもの
  3. 直ちにプロペラの回転を停止することができる機構を有する船舶、または、
    その他のプロペラによる人の身体の傷害を防止する機構を有する船舶
    例)非常停止スイッチ、キルスイッチ、遠心クラッチ、中立ギア、プロペラガード等 →これにより、例えば、上記③の機構を有するエレキモーター(出力1.5kw未満に限る)のみを使用して3m未満の船を利用する場合には、小型船舶操縦士免許は不要になります。
    (※1.5kw未満のエレキモーターのみでも船の長さが3m以上である場合は免許が必要となります。)

 

全て満たすことが必要ですのでご注意下さい。海(水上)の知識無く(または不足)でこういうボートに乗るのは危険です。ボート免許を取得されることを是非お奨めします。実際に上記のボートで入門し、その後船舶免許を取得される方も多くいらっしゃします。大阪で1級・2級ボート免許を取得される場合は是非当ボート免許教室にお申込み下さい。

Copyright(C) Sea+fellows Boat License School All rights reserved.