スタッフブログ

スタッフブログ

実技講習会場で実技試験が受けられる!

当スクールでは1・2級の実技講習を神崎川千船会場で実施しています。

国家試験も同じ会場で実施されていますので、実技講習で操船練習した会場で、しかも同じ艇(船外機船)で実技試験を受けて頂けるのが当スクールの「ウリ」です。

 

で、本日はその「神崎川」について・・・、ただなんとなく紹介します。

摂津市の一津屋で淀川から分岐し、大阪市東淀川区相川で安威川と、淀川区加島付近で猪名川と合流しています。

その後、大阪市西淀川区で左門殿川・中島川・西島川と分かれた後大阪湾へと流れ込みます。

猪名川と合流する手前から河口までは大阪府と兵庫県の境界となっていますが、途中の右岸(兵庫県側)にある中洲は大阪府に属する(西淀川区佃)ため、この区間では中洲の右へ分かれる左門殿川が府県境となっています。

水上オートバイの定義

特殊小型船舶操縦士免許で操縦できる水上オートバイとは・・・

 

船舶職員及び小型船舶操縦者法規則 第百二十七条 抜粋

1-1.

長さ4メートル未満、かつ、幅1.6メートル未満の小型船舶であること。

1-2.

定員が2名以上の小型船舶にあっては、操縦位置及び乗船者の着座位置が直列のものであること。

1-3.

ハンドルバー方式の操縦装置を用いる小型船舶その他の身体のバランスを用いて操縦を行うことが必要な小型船舶であること。

1-4.

推進機関として内燃機関を使用したジェットポンプを駆動させることによって航行する小型船舶であること。

1-5.

操縦者が船外に転落した場合、推進機関が自動的に停止する機能を有する等操縦者がいない状態の小型船舶が船外に転落した操縦者が大きく離れないような機能を有すること。

2.

前項各号に掲げる基準に適合しない小型船舶であっても、国土交通大臣がその小型船舶の構造その他の事項等を考慮して、その操縦に必要となる技量が前各号の基準に適合する小型船舶の操縦に必要な技量と同等であると認める場合には、前項各号の基準に適合するもとのする。

 

とあります。

 

ジェットボートは特殊小型船舶操縦士の資格で操縦できるのか?とよくご質問を受けます。

「ジェットの免許」呼ばれることがありますが・・・、ジェット推進のものなら何でも操縦できるわけではありません。

ジェットボートを操縦するには1級または2級小型船舶操縦士免許が必要です。

自身で船舶検査(継続)手続きを行う場合

定期検査または中間検査の検査期限(年・月)は、船体側面の船舶番号の横に貼り付けられている「次回検査時期指定票(丸型ステッカー)」に表示されています。正確な検査期間(年・月・日)は船舶検査手帳の「検査の次期」欄で確認することが出来ます。この期間内に検査を受検して合格しないと航行できません。

 

自身で船舶検査手続きを行う場合の流れ

 

◇申請書・必要書類の提出

以下の書類を揃えて、船の保管場所を管轄するJCI支部に提出します(郵送可)

船舶検査申請書・・・日本小型船舶検査機構(JCI)より送付されます。

手数料払込証明書・・金融機関で手数料を振り込んだ際の証明書。

船舶検査証書・・提出は検査時でも可。

船舶検査手帳・・提出は検査時でも可。

 

◇検査の打ち合わせ・検査の実施

前もって、担当される検査員より時間、場所の確認の電話があります。

検査実施日には、法定備品を容易に確認できるよう、まとめておきましょう。船舶検査証書・船舶検査手帳を当日提出する場合は用意しておきましょう。

 

◇検査終了

検査に合格すると「船舶検査証書」(定期検査の場合のみ)、「船舶検査手帳」、「船舶検査済票」(定期検査の場合のみ)、「次回検査次期指定票」が交付されます。

「船舶検査済票」の交付を受けたら、船体両側の見やすいところに貼り付けます。次回検査時期指定票も併せて貼り付けます。

航行時は必ず船舶検査証書、船舶検査手帳を船舶に備えておかなければなりません。

 

手数料詳細、手続き方法等は下記を参照下さい。

日本小型船舶検査機構(JCI)ホームページ

http://www.jci.go.jp/index.html

 

 

Copyright(C) Sea+fellows Boat License School All rights reserved.