スタッフブログ

スタフブログ

自身で船舶検査(継続)手続きを行う場合

定期検査または中間検査の検査期限(年・月)は、船体側面の船舶番号の横に貼り付けられている「次回検査時期指定票(丸型ステッカー)」に表示されています。正確な検査期間(年・月・日)は船舶検査手帳の「検査の次期」欄で確認することが出来ます。この期間内に検査を受検して合格しないと航行できません。

 

自身で船舶検査手続きを行う場合の流れ

 

◇申請書・必要書類の提出

以下の書類を揃えて、船の保管場所を管轄するJCI支部に提出します(郵送可)

船舶検査申請書・・・日本小型船舶検査機構(JCI)より送付されます。

手数料払込証明書・・金融機関で手数料を振り込んだ際の証明書。

船舶検査証書・・提出は検査時でも可。

船舶検査手帳・・提出は検査時でも可。

 

◇検査の打ち合わせ・検査の実施

前もって、担当される検査員より時間、場所の確認の電話があります。

検査実施日には、法定備品を容易に確認できるよう、まとめておきましょう。船舶検査証書・船舶検査手帳を当日提出する場合は用意しておきましょう。

 

◇検査終了

検査に合格すると「船舶検査証書」(定期検査の場合のみ)、「船舶検査手帳」、「船舶検査済票」(定期検査の場合のみ)、「次回検査次期指定票」が交付されます。

「船舶検査済票」の交付を受けたら、船体両側の見やすいところに貼り付けます。次回検査時期指定票も併せて貼り付けます。

航行時は必ず船舶検査証書、船舶検査手帳を船舶に備えておかなければなりません。

 

手数料詳細、手続き方法等は下記を参照下さい。

日本小型船舶検査機構(JCI)ホームページ

http://www.jci.go.jp/index.html

 

 

Copyright(C) Sea+fellows Boat License School All rights reserved.