スタッフブログ

スタフブログ

水上オートバイの定義

特殊小型船舶操縦士免許で操縦できる水上オートバイとは・・・

 

船舶職員及び小型船舶操縦者法規則 第百二十七条 抜粋

1-1.

長さ4メートル未満、かつ、幅1.6メートル未満の小型船舶であること。

1-2.

定員が2名以上の小型船舶にあっては、操縦位置及び乗船者の着座位置が直列のものであること。

1-3.

ハンドルバー方式の操縦装置を用いる小型船舶その他の身体のバランスを用いて操縦を行うことが必要な小型船舶であること。

1-4.

推進機関として内燃機関を使用したジェットポンプを駆動させることによって航行する小型船舶であること。

1-5.

操縦者が船外に転落した場合、推進機関が自動的に停止する機能を有する等操縦者がいない状態の小型船舶が船外に転落した操縦者が大きく離れないような機能を有すること。

2.

前項各号に掲げる基準に適合しない小型船舶であっても、国土交通大臣がその小型船舶の構造その他の事項等を考慮して、その操縦に必要となる技量が前各号の基準に適合する小型船舶の操縦に必要な技量と同等であると認める場合には、前項各号の基準に適合するもとのする。

 

とあります。

 

ジェットボートは特殊小型船舶操縦士の資格で操縦できるのか?とよくご質問を受けます。

「ジェットの免許」呼ばれることがありますが・・・、ジェット推進のものなら何でも操縦できるわけではありません。

ジェットボートを操縦するには1級または2級小型船舶操縦士免許が必要です。

Copyright(C) Sea+fellows Boat License School All rights reserved.