スタッフブログ

スタフブログ

電卓持ち込み不可 その2

今回は上級科目で出題されることのある計算問題について、どの程度のもか紹介します。

問59
A港から26海里離れているB港まで往復しようとする。両港の港口から1海里は徐行区間で、それぞれ4ノットで航行しなければならない。
それ以外の区間は平均速力12ノットで航行し、そのときの燃料消費量を毎時11リットル、4ノットで航行する徐行区間の燃料消費量を毎時6リットルとすれば、
出航前に搭載しなければならない燃料の量はいくらか。次のうちから選べ。ただし、予備燃料として2割を加えよ。
(1)48リットル (2)52リットル (3)57リットル (4)60リットル

26海里×2(往復)=52海里(の内、徐行区間4海里・それ以外の区域48海里)
4海里÷4ノット=1時間 1時間×6リットル/時=6リットル
48海里÷12ノット=4時間 4時間×11リットル/時=44リットル
50(6+44)リットル×1.2=60リットル              解答(4)60リットル

問59
10ノットで航走するときの燃料消費量が毎時20リットルの船が、18海里離れた2地点間を往航10ノット、復航9ノットで往復したとき、
燃料消費量が64リットルであった。では9ノットで航走するときの1時間の燃料消費量は何リットルか。次のうちから選べ。ただし、風潮流の影響はないものとする。
(1)12リットル (2)14リットル (3)15リットル (4)18リットル

往航 18海里÷10ノット=1.8時間 1.8時間×20リットル/時=36リットル
復航 64リットル-36リットル=28リットル
   18海里÷9ノット=2時間 28リットル÷2時間=14リットル    解答(2)14リットル

Copyright(C) Sea+fellows Boat License School All rights reserved.