スタッフブログ

スタフブログ

色覚補正レンズ

船舶免許を取得する際、身体検査で色覚検査が行われます。
色覚検査の合格基準は下記のとおりです。
「夜間において船舶の灯火の色を識別できること。ただし、灯火の色が識別できない場合は、日出から日没までの間において航路標識の彩色を識別できれば、「航行する時間帯が限定された免許」を取得することができる。」

検査は次のように行われます。
1.検査は両目で行います。(眼鏡(色覚補正メガネ含む)、コンタクトレンズの使用も可)
2.検査員が白、赤、緑のいずれかの光を、順不同に各色2回ずつ計6回提示します。
3.全て正解で合格、1つでも間違いがあれば不合格となります。
4.識別できない色又はご回答があった場合は再検査を行います。
5.再検査においても不合格となった場合、航行時間限定を要件とし、※塗色識別検査を行います。

灯色識別検査器の見え方は下記ページを参考にして下さい。(JMRA、日本海洋レジャー安全・振興協会ホームページより)
https://www.jmra.or.jp/license-physicaladvising

※塗色識別検査は航路標識と同じ塗料を使用した塗色識別検査カードを用いて、次の方法で検査を行います。
1.検査は両目で行います。(眼鏡(色覚補正メガネ含む)、コンタクトレンズの使用も可)
2.色順の異なるカードを試験員が任意に3枚選択し、一枚ずつ受検者に提示します。
3.カードには赤、緑、黄の3色の指標が一つずつあり、受検者はカードの左側から、いずれかの色であるか回答します。
4.1枚提示するごとに検査記録表に結果を記載し、検査が終了したら提示ボードの正解の色順と回答記録を照合して判定を行います。
5.全ての正解が合格、1つでも間違いがあれば不合格となります。

塗色識別検査カードの例は下記ページを参考にして下さい。(JMRA、日本海洋レジャー安全・振興協会ホームページより)
https://www.jmra.or.jp/license-physicaladvising

色覚補正メガネについて
色覚特性(緑・赤等の色区別が困難な方)の98%が補正可能なメガネレンズ「ネオ・ダルトンレンズ」はそれぞれの色覚特性に応じ12種類あり、この補正レンズを使って得意な色はそのままに、苦手な色を補正することができるようです。日本・海洋レジャー安全・振興協会近畿事務所の研修会においても「色覚の実際と補正レンズの原理」について講義が開かれたようです。色覚補正メガネを使用して色覚検査を合格した場合でも船舶免許証に条件等記載されることはありません。
ネオ・ダルトン株式会社様のホームページ(下記URL)で原理や価格、お客様の声など確認することができます。
http://www.neo-dalton.com/

Copyright(C) Sea+fellows Boat License School All rights reserved.