スタッフブログ

スタフブログ

船舶免許が失効した場合

船舶免許証は5年間の有効期限があります。
通常は期限前に更新講習(約1時間30分)を受講し、期限日から5年間有効の免許証の交付を受けるのですが・・・、
更新手続きをしまいまま有効期限を過ぎてしまうと、失効となりその操縦免許証では船舶を操縦することが出来なくなります。

そこで・・、
免許を復活させるための方法を以下に紹介します。
まず一番手っ取り早い方法は失効再交付講習(約3時間)の講習を受講することにより、再交付日から5年間の免許証が交付を受けることが出来ます。
更新講習に比べて、講習時間は2倍、費用は1.5倍~2倍程度必要となります。

失効再交付講習を受けずに免許を有効なものとするためには別の資格やより上級の資格を取得すすることにより復活させる方法もあります。
例1
2級免許受有している方が失効した場合は、1級ステップアップ試験(学科試験のみ)を受験し合格することにより5年間有効の免許証が交付されます。
失効再交付講習を受講するのに比べ、倍ほどの費用が必要となりますが、有効期限内にステップアップする方よりもお得感があるかと思います。
例2
2級または1級のみを受有している方が失効した場合は、特殊小型(水上バイク)の免許を取得するのも方法です。
学科試験のみではなく実技試験も必要です。費用はぐっと掛かってきますが、いずれ取得しようと考えていたという方には是非オススメの方法です。

いろいろな方法をご紹介しましたが、失効再交付講習を受講するのが一番安く確実に再交付をうけることができる方法と言えます。
ステップアップや、別の船舶免許資格を取得する方法は数%の割合いの方が不合格になってしまう国家試験を受験しなければならないので強くはオススメしません。

ただ・・・
失効再交付講習を受講し、5年間有効の免許証が交付されて間もなくステップアップしたり別の船舶免許資格を取得するのは非常にもったいないので、
失効再交付講習を受講される前に、いろいろな方法を検討していただくのが良いかと思われます。

Copyright(C) Sea+fellows Boat License School All rights reserved.