スタッフブログ

スタッフブログ

雨天の実技講習(1・2級)

夏本番委に向けて今から新規取得ご希望の方のお申込みが増える季節ではあるのですが、同時に梅雨シーズンに突入します。
そこで雨天の場合の実技講習時の準備などについてお話ししておきたいと思います。
1・2級の場合は雨合羽をご用意下さい。
なるべくポンチョタイプではなく上下セパレートタイプがオススメです。
わざわざ高級なものを購入するのはもったいないので
100円均一ショップで上下各100円で販売しているものを、セットで200円(税別)で購入しておくのが良いかと思います。
但し耐久性は期待できません、実技講習1日と実技試験(約1時間)で限界でしょう。そして暑い日には蒸れますのでTシャツ等の着替えがあると安心です。
4~5万円するような雨合羽を過去に一度だけ購入したことがありますが、軽くて通気性も良く最高でした。
撥水効果が無くなってくると、防水スプレーをするのも良いらしいのですが、
実技講習にご参加いただいた某アウトドアブランドメーカーの方から「洗濯機で丸洗いすると良い」というアドバイスを受けました。
細かい埃などを洗い流すことにより・・・・ってお話でしたが、一緒に聞いているほとんどの方は半信半疑の様子でした。
残念ながらそのお話を聞く少し前頃からは私は高級なレインギアは卒業し、最近はは2千円程度の雨合羽を時々買い替えて使っています。
首元にタオルを巻いておくと雨水の侵入を最小限に抑えられます。
足元はスニーカー等の場合、大雨だとやはり中までベチャベチャになります。かと言って長靴を履くと歩きにくく、慣れない人には危険です。
冬の雨だとベチャベチャになると指先が凍えて大変ですが、これからの季節は少々大丈夫でしょうから、履き替え用の靴下・靴を準備しておいてスニーカーで受講して頂くのがよいかと思います。
教習艇には屋根は「一応」ついてはいますが、係留・解らん(つないだり・ほどいたり)する際に、しゃがんだり立ったり乗り込んだり降りたりしますので必ずぬれます。
大荷物になって大変ですが、土砂降りが想定される場合は雨合羽だけでは無く着替えも一式ご用意頂くことをオススメします。

特殊実技(水上バイク操縦)時の服装等について

前回は1・2級実技講習時の服装等について紹介しましたが、今回は特殊の実技の服装等について紹介します。
まず、1・2級実技と大きく違うのは、ガッツリ濡れる恐れが非常に高いということです。
晴れていたとしても、風がある日はバッサンバッサン海水をかぶることになります。

そこで服装につてですが・・・
ウエットスーツやドライスーツ等は必要ありません。
そういうものを着ると逆に浮きます。
全くの普段着で乗るのですが・・・

春・秋は雨合羽がオススメです、。ポンチョタイプでは無く、上下セパレートタイプがベストです。首元には浸水防止用にタオルを巻いておくとより安心です。
夏は雨合羽はは蒸れますし、熱中症等の心配もありますので、晴れている日であればTシャツ・短パンで〇です、ラッシュガードと海水パンツでももちろん結構です。曇りや雨の日は意外と寒く感じる場合がありますので長袖、長ズボン(ジーパン等)も準備しておくと安心です。

オールシーズン通して
履物を履いて下さい。マリンシューズやマリンブーツがあれば是非ご持参ください。無ければ要らなくなったスニーカー等。単なる突っ掛けやサンダルは×ですが、かかとをマジックテープ等で留めることが出来るものは〇です。万が一落水した場合にでも脱げてしまわないものとイメージして下さい。
髪長い方はゴム等でまとめて下さい。
上半身裸での操縦はお断りします。ライフジャケットを順々に着て頂きますので素肌が直接触れないように衣服を着用して下さい。

ビチョ濡れになるかならないかは、操縦する方の技術がどうこうではなく、当日の風の強さに大きく影響されます。
講習の日は殆ど濡れなかったとしても、試験日はびしょ濡れになるかもしれませんのでご注意下さい。
講習会場は海水です、雨合羽を使用した場合は時間を置かずに丁寧に水道水で洗い流してください。チャック等が使い物にならなくなりますのでお気を付けください。

実技講習の服装について(1・2級)

1級・2級 実技講習時の服装について
どんな服装で行けばよいのだろう?と迷われる方もいると思います。
動きやすい服装で・・、って説明されても困りますよね。
全くの普段着で・・、普段着って言われても困りますよね。
どのような服装で行くのが無難なのかを季節別に具体例を紹介します。が、必ずこの服装で来てくださいというものではありませんので、ご参考までに。

春秋 暖かい日、寒い日の差が激しいので、長ズボン(ジーパン等)・トレーナー等の他にウィンドブレーカーのような脱ぎ着しやすい上着を用意していただくと安心です。

夏 Tシャツ(タンクトップは×)・短パンでOKですが、夕立ちに備えて雨合羽か着替え一式を準備していただくと安心です。ライフジャケットを着用しますと汗をかきやすくなりますから色の濃いシャツ等はライフジャケット型の汗模様が浮き上がる恐れがありますので避けた方が〇です。必要に応じてタオル・帽子・サングラス・日焼け止め等も用意していただくと尚安心です。

冬 防寒対策をしっかりと!なのですがあまり着ぶくれするようなものは動きずらくなるので、薄くて暖かいものが理想的です。使い捨てカイロ、耳が隠れるニット帽、ネックウォーマー等を用意していただくと安心です。防寒用のスノーシューズがあれば尚安心です。

その他全シーズン共通点
靴はスニーカー等の運動靴でお越しください。つっかけやサンダル類は危険です。
雨天の場合以外では濡れることは殆どありませんが、晴天でも強風の場合には波しぶきが多少かかることがあります。
エンジンの点検などを行いますので、多少汚れる場合があります。
女性の方は、スカートは絶対に避けて下さい。
着替える場所、お荷物を置いておく場所はございす。

Copyright(C) Sea+fellows Boat License School All rights reserved.