スタッフブログ

スタフブログ

特殊小型 コース間違いで自滅?!

水上バイク(ジェットスキー等)の免許である特殊小型船舶操縦士の実技試験内容には
陸上で行う 点検、ロープワーク
水上で行う エンジン始動・停止、コース1走行・コース2走行、人命救助 があります。
この中で、メインとも言えるのがコース走行です。
コース1・コース2共全員が走行するのですが、まずは決められたコースを憶えなくてはなりません。
6つのブイを使った割と単純なコースなのですが、これを試験中に間違えてしまうと、いちどだけやり直しが出来るのですが、そこでまた間違えてしまうとそのコースはもう走行させて貰えません。要するに、採点ができません。ですのでコース間違いは非常に大きな痛手となり、それが原因で不合格に繋がってしまいます。
残念ながら実技不合格になってしまう方の多くがコース間違いが原因となっています。
難しいコースではなく「割と単純」なので要注意です。
いかに上手に走れるか、よりもまずは正しくコースを完走することが大切です。
コース1とコース2をしっかり区別して憶えること、試験当日も自分自身の順番迄にもう一度コースを確認することが重要です。
水上バイクの操縦技術に妙な自信のある方は要注意です、テクニックなど必要ないのです、コースを正しく走れるかという試験です。

Copyright(C) Sea+fellows Boat License School All rights reserved.