スタッフブログ

スタフブログ

距離の単位マイルについて

マイルには陸のマイルと海のマイルがあります。
陸のマイルはおおよそ1,609メートルですが、
小型船舶免許取得時に学習する海のマイルは1,852メートルです。
海のマイルは日本語で「海里」、英語では「ノーティカルマイル」と言います。
教科書をみて、1マイル=1,852メートルって書いてるけど、1,600メートルくらいちがったっけ?とか
1マイルが=1,852メートルって勉強したから、知り合いに「1マイル何メートルか知ってるか?」って得意げに聞いたら・・・違うって言われた。
とかいう話を時々聞きますが、マイルを使うとやはりややこしいですよね。
ですので試験問題では混乱を避けるため、マイルという言葉は使わずに、必ず「海里」と表記して出題されています。
スピードの、「ノット」と「マイル」も混乱しやすい単位です。
ノット「海里/時」というスピードの単位は、例えば 10ノットであれば、時速10海里 20ノットであれば、時速20海里です。
今このボート30ノットで航行してるよ!って言われてもピンと来ない、時速何kmくらいのこと?ってことを簡単にざっくりイメージしようとする場合は、
1海里が1,852mなので、1海里は1.852km、ですから海里をKmにするには、1.852倍、もっと簡便には2倍弱すればイメージがつかめます。
30ノット→30×2=60→弱→ 55km/時くらい。
40ノット→40×2=80→弱→ 75km/時くらい。
ちなみにアメリカ車等のメーター等で見かけるマイル表示の場合は、1.6倍します。
30マイル→30×1.6=48 48km/時くらい。
40マイル→40×1.6=64 64km/時くらい。

Copyright(C) Sea+fellows Boat License School All rights reserved.