1級



1級船舶操縦士について

小型船舶免許の中では「最上位」の資格と言えます。学科試験内容は2級の方が受験する一般科目(50問)の他に海図作図や天気図、機関(エンジン等)について詳しく出題される上級科目(14問)が加わります。実技試験内容は2級と全く同じなので実技講習内容も当然2級と同じです。

  • 航行区域
  • すべての水域
    ※帆船以外の小型船舶で沿海区域の外側80海里(海岸から100海里)未満の水域以遠を航行する場合は、6級海技士(機関)以上の資格を有する者の乗船が必要です。(船長は兼任できません)
  • 船の大きさ
  • 総トン数20トン未満、プレジャーボートは24m未満。
    ※水上オートバイは操縦できません。
  • 受験できる年齢
  • 17歳9ヶ月以上